読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日があるとは限らない

明日が必ず来るとは限らない

先日、アイドルグループの私立恵比寿中学メンバー 松野莉奈さんが亡くなりました。ニュースはこちらから。

「私立恵比寿中学」松野莉奈さん急死 療養から容態急変…まだ18歳 (産経新聞) - Yahoo!ニュース

年齢はまだ18歳。人生のスタートラインにやっとたった年齢です。それなのに突如お亡くなりになりました。

 

ちょうどその前に『君のすい臓を食べたい』という本を読んだところでした。

この小説も死を題材にした話です。感想はまた別の記事にしたいと思ってますので、ここではざっくりとこの説明だけで。

 

わたしは以前より、生きているのは奇跡である。と思っています。日本はとても平和な国で、滅多なことがないと死にませんよね。その証拠に、明日死ぬかもしれない。とビクビクしながら生きている人は少ないと思います。

それに比べてシリアなどの貧困国は衰弱やテロなどの死と隣り合わせで生きています。

 

何が言いたいかというと、人間は簡単に死んでしまうと言うことです。

 

死んでしまうのはあなたとは限りません。家族、親友、恋人、想い人。明日亡くなっているかもしれません。

こんな言い方は少しおかしいかもしれませんが、もしも明日死んでもいいように感謝や愛情はしっかり伝えた方がいいと思っています。

わたしは照れ屋なので、半分は自分に言い聞かせています(笑)

言いにくいのは知っています。恥ずかしいですよね。でも、そこは勇気を振り絞って伝えるべきだと思います。

 

もしも明日自分が、大切な人が死んでも後悔しないように生きていきたいですね。