スポーツがうまくなるには

f:id:moshi1121:20170304003314j:plain

スポーツ上達への考察

 今回の記事では参考にならないスポーツがあります。それは、陸上競技です。なぜ参考にならないのかは後半で記述しています。

 

みなさんはスポーツ得意でしょうか?学校で体育の授業が嫌いだった方は多いと思います。

わたしはスポーツが苦手だったかというとそうではなく、初めてやる競技でも、そこそこできるほうでした。

なぜ初めての競技でもそこそこできるのか。それには理由があります。

 

うまい人の動きを真似してました。

運動神経がいい人の動きをまねていました。なんとなく真似るのではなく、ほぼ丸パクリといってもいいほど同じ動きをしていました。

 

少し話が飛躍しますが、プロテニス選手の錦織圭選手をご存知でしょうか。あなたがもし、錦織選手の動きを丸々コピーできるのであれば、錦織選手と同じ球を打つことができるんです。

もちろん筋肉や関節の柔らかさなど、様々な要因を加味するとそんなことできないのは分りきっていることです。あくまで理論上は。です。

 

イメージ通りに体を動かすことが大事です。

まずはイメージする人を決めます。イチローでも、メッシでも、石川遼でも誰でも構いません。

次に、その人の動きを観察します。Youtubeで検索すれば大抵は見つかるでしょう。観察するとき、その人の目線。足や腕の動き、向き、速度。動作中の体のひねり方など、細部まで細かく観察するようにしましょう。この観察は重要です。

そして、どのように体を動かせばいいか、実際にゆっくりと動かしながら確認します。もしここで気になるところがあったら、また観察してください。

この、観察⇒確認⇒観察⇒確認…と繰り返すことによって、イメージ通りに体を動かすことができるようになってきます。

 

この方法が使えない競技もある。

このイメージする方法ですが、すべてのスポーツに使用できるとは限りません。陸上競技はどうしても身体の能力が出てしまうため、イメージしても意味がないです。

 

この方法でボウリングが上達しました。

錦織選手の動きを完璧にすれば錦織選手と同じ球が打てるようになる理論を使用してボウリングに挑戦してみました。

ストライクを取った時と同じ動きをすれば、ずっとストライクが取れる。と考えたんです。

結果はというと、スコア100前後しか取れなかったのが、平均125にまで上達しました!

調子がいいと150~180を量産します。さすがにすべてストライクは無理ですが、かなり上達し、周りからもボウリングがうまい人と言われるほどになりました。

 

 

いかがでしたでしょうか。すべてのスポーツに利用できない点と、そもそもの身体の力(筋力や柔軟性など)が足りない点が残念であります。

しかし、スポーツが苦手な人の参考程度になればと思います。

ここまでご覧いただきありがとうございました。